投資家とデイトレード

投資家とデイトレード

投資を始めるとデイトレードを耳にするでしょう。ローリスク、ローリターンの超短期法です。値幅を大きく狙うことはしません。デイトレードの基本はコツコツ毎日の利益を確保することです。これができない人はデイトレードをやらないほうが良いでしょう。株式投資というのは、どうしても個々の経験と性格が反映されてしまいます。つい勘や運に頼ってギャンブルに走ってしまう気持ちも分かります。ですが、「デイトレード」では人間心理のメンタルな部分をできるだけ排除して、一定の法則に従って機械的に売買します。この「トレード法」さえ確立すれば、銘柄選び、売買のタイミングなどの投資スタイルもおのずと決まってくるはずです。デイトレードの中でも、数秒~数分の間に数ティック上下しただけで売買および反対決済を成立させる手法を指して「スキャルピング」と呼びます。また、1日に何度も売買するデイトレードに対して、2~10日程度の短期的な持ち越しを行う手法は「スイングトレード」と呼ばれ、デイトレードとは区別されます。

デイトレードのコツ

短時間で済ませられる株取引であるデイトレードは、やはり魅力も大きいもの。メリット・デメリットはありますが、必要なのはPCひとつです(ただし、短時間で取引をするデイトレだけに、処理能力の高いPCである必要があります)。株を始めるなら、ぜひともチャレンジしてほしい方法の一つです。ただし、数秒から数分で完結させる取引もあり、テクニックやセンスも必要となるかもしれません。デイトレーダーが目の前で見本を見せてくれれば、かなりのコツをつかむことができるかもしれません。デイトレードを継続的に行う者を「デイトレーダー」と言います。本業としている者を「専業デイトレーダー」、兼業している者を「兼業デイトレーダー」と言うこともあります。日中に頻繁に売買する点をさして、日計り専門でないスイングトレーダーも含めてデイトレーダーと呼びます。

個人投資家には定年退職はありません!
最新設備を完備し、インプラント、ホワイトニング、審美、矯正などの予防歯科を含む専門的治療や健康のためのサプリメントの販売も行なっています。虫歯かも?と思ったら蕨 歯科東歯科医院で歯の治療してみませんか?

デイトレードの基本

(1)機械的に売買する

一定の法則に従って機械的に売買します。売買のタイミングが重要ですから、利益確定は何%、損切りは何%とルールを明確に決めておく必要があります。

(2)ローリスク、ローリターンの超短期法

利幅を大きく狙うことはしません。投資金額の1%を目安にして下さい。1日、100万円の投資で1万円の利益が目標です。一ヶ月で20万円の利益も可能です。

(3)手数料が安い証券会社を選ぶ

おすすめは、楽天証券・イートレイド証券・ライブドア証券の3箇所です。楽天証券の株価情報サービス「マーケットスピード」を利用しています。

(4)パソコン2台またはPDA及び携帯電話

デイトレードでは一人2台のパソコンを使用しています。できれば2台あったほうが効率的ですが、1台でも特に問題はありません。また証券会社によっては携帯やPDAなどからも売買できる場合もあります。

デイトレードのメリットデメリット

ここでは、インターネットの株取引で注目されているデイトレードのメリットとデメリットについて紹介いたします。

デイトレードのメリット

株式投資には、大きく分けて短期投資と長期投資の2種類があります。短期投資の中では、デイトレード(デイトレ)といってその日のうちに銘柄の売買をするものがあります。デイトレードは人気の高い投資方法の一つです。うまく運用すれば短期間に利益を得られるのはもちろんですが、支持される大きな理由は、「社会状況の影響を受けにくい」ことにあると思います。例えば、テロや戦争など世界情勢の変化は株価に大きな影響を与えますが、短期に売買するデイトレードは、こういった影響を受けにくいのです。海外の大きな市場の影響も受けにくいといえるでしょう。また、長期の展望を考えなくても、数分後、数十分後の値動きを予想すればいいことから、予想をしやすいことも大きな魅力の一つだといえます。初心者にとっては、かえって馴染みやすい方法かもしれません。

デイトレードのデメリット

ただし、メリットがある物事には、デメリットがつきものです。デイトレにもデメリットはいくつかあります。短期に利益を生み出すことが可能ということは、短期に損をしてしまう可能性もあるのです。また、素早い判断力が必要となるので、株のことをある程度は理解している必要があります。センスや才能が必要だという人もいます。加えて、結果が早く出ることから、人によってはギャンブル性を感じてしまうこともあるようです。

お金に対する不安…ありますよね…。

デイトレードの特徴

(1)初心者でも始めやすい

口座さえ作れば誰でもできるので、初心者でも入り込みやすいといえるでしょう。また、値動きの分析であるテクニカル分析だけではなく、ファンダメンタル分析と併用してトレードすることも可能です。

(2)資金効率

デイトレードではループトレードにより、手持ちの資金を短時間で何度も投資することが出来ます。トップクラスのデイトレーダーの手にかかれば、相応の資金さえあれば一年で手持ちの額を数倍から数十倍にできるといわれています。トレードの期待値が高ければ、回数が多い方が複利の効果があります。逆に期待値がマイナスだと、資金が減るのも早いでしょう。

(3)その日で決済が終了する

デイトレードではその日のうちに決済を終了させるため、翌日の持ち越しがなければ、海外の相場変動や悪いニュース等に影響されることはなく、オーバーナイトリスクを低く抑える事ができます。逆に好材料が出ても、持ち越しによる恩恵を受けることは出来ません。

(4)分散投資

手持ちの資金を細分化して投資し保有するのとは異なる、手持ち資金をループトレードにより何度も投資するデイトレードの方式は、結果的には分散投資という形式になります。それゆえデイトレードは分散投資により投資リスクをある程度限定する事ができます。一方でデイトレード中にストップロスに失敗すれば、積み上げてきた利益を一回の取引で失う可能性もあります。

(5)割り切った楽しみ方が出来る

資金量に応じてスリルや興奮のみを追求した純粋なロッタリーや、一種のオンラインカジノとして割り切った楽しみ方も出来ます。逆に初心者にはギャンブル性や依存性が大きいため、その7割が資産の全てを失うとも言われています。

ポイント

デイトレードをする際に重視しなければならないことは、大きく考えて3つあると思います。

  1. 1つは、1回あたりの取引手数料です。1日に何10回も取引するのですから、安いに越したことはありません。
  2. もう一つは、リアルタイムに株価の状況をチェックできるツールがあるか?です。デイトレードは、秒単位で株価が変動する世界なので、これも絶対に欠かせない要素だと思います。
  3. 次にツールのチェックです。先ほども少し触れましたが、デイトレードは1秒を争う取引です。リアルタイムの株価の動きを把握することは最低限必要です。