投資家と投資手法

投資家と投資手法

投資家のヘッジファンドの採用する投資戦略は実に様々なものがあります。代表的な投資戦略をまとめてみました。

ロング・ショート

近年、このロング・ショートの手法を採用した一般個人投資家向けの投資信託も出現しています。ロング・ショートという名前からもわかるように、株式等の有価証券のロング(買い持ち)とショート(売り持ち)の双方のポジションを同時に取るものです。また、売りと買いの両方を仕掛けているので、相場全体の動きがどちらに進んでも、片方の玉がヘッジ(保険つなぎ)となり、損失は最小になるとの考えもあり、ヘッジファンドの名前はこの点に由来します。しかし、買建て玉が下がり、売建て玉が上がる場合も当然ありえるので、このような状況が生じると莫大な損失を出す可能性を秘めています。アナリストまたはファンドマネージャーが割安つまり過小評価されていると判断した銘柄については一般的な投資信託と同じく買い(ロング)のポジションを取り、逆に割高つまり過大評価されていると判断した銘柄については売り(ショート)のポジションを取ります。現在のヘッジファンドでもっとも運用残高の多い投資戦略であるともいえます。

ロング・ショートの収益

不況等の相場全体が下げの環境下では積極的に空売りを仕掛けることで、絶対的な収益を生み出すことが可能になります。逆に、好況期の相場全体が上げの環境下では、相場全体について行けずインデックス以下またはマイナスの運用実績しか上げられず苦戦しているファンドも多くあります。マイナスの運用成績は問題ですが、そもそもヘッジファンドの本質は相場環境にかかわらず長期的に安定的にプラスのリターンを達成し続けることにあるので、好況期にインデックスに対して勝った負けたと議論するのはナンセンスであるとの論もあります。なお、経験測では多くのロング・ショートファンドにおいてネット・ロング(買いポジション>売りポジション)の状態にいるケースが多いことが確認されています。なお、株式ロング・ショートのヘッジファンドには、特定の業種・セクターに絞った運用をするものが多くあります。一般的な株式投資信託では広範な業種の銘柄を買いながら、その銘柄選択効果でTOPIX等の市場インデックスを上回る求するのに対し、ロング・ショートでは買い・売り双方の機会を求め、特定業種・セクターにおける、より徹底したボトムアップ調査を基に運用することに起因します。したがって、多くの株式ロング・ショートヘッジファンドの運用成績は、その専門分野におけるボトムアップ調査・運用能力に比例すると考えられます。

個人投資家には定年退職はありません!

アービトラージ

ヘッジファンドの次に誕生したのが、いわゆる鞘取りで利益を稼ぎ出す売買手法を取るアービトラージです。同一の取引銘柄が、複数の市場に上場されている場合、同じ銘柄であるにもかかわらず、価格に乖離が生じることがあります。この場合、一時的にバイアスがかかっても、長期的には必ず乖離が修正されるので、高いほうを売って、安いほうを買っておき、乖離が修正された時点で反対の売買を行えば、安全かつ確実に利益を出すことができます。また、市場間のバイアスを利用した取引なので、上げ下げには依存せず相場に動きがない局面でも利益を生み出せます。一般的にヘッジファンドのレバレッジ比率は、3~5倍程度といわれています。最もよく知られているのは、裁定取引(アービトラージ)を利用したものです。ただし、裁定取引での投下資金に対する利益は1/1000~1/10000程度(0.1~0.01%)と極めて微小なものです。したがって、レバレッジ比率と売買頻度を高めなければ、高い利回りは望めません。

イベント・ドリブン

イベント・ドリブン型は、主に企業の買収・合併等のイベント発生時における市場でのミスプライスを収益機会と捉える手法です。ただし、リスクとして合併が不成立となる場合などがあり、その場合には大きな損失を発生しかねない運用手法でもあります。具体的な例としては、ある企業同士の合併が公表されてから、実際に合併が成立するまでの間に発生する各企業の株価の差異を、合併成立に伴って収斂するものと考えてポジションを構築します。イベントが正確に市場価格に反映されるまでにタイムラグがあることによって、収益機会が生まれます。

お金に対する不安…ありますよね…。
オフィス移転で出てきた不要品は不用品回収 福岡 福岡エコサービスが引き取ります!机・イス・書棚・コピー機など移転の際にオフィス不用品を当社が買取・回収・処分させて頂きます!お気軽にご用命ください。

マーケット・タイミング

マーケット・タイミングは、その特性上、一般的な株式投資信託よりもリスクが低い運用手法と考えられます。マーケット・タイミングは伝統的なロング・オンリー運用と異なり、ロング(買い)ポジションに入るタイミングを見計らいながら、それまでは主に現金や短期金融資産等で安全運用を行う戦略です。一般的には株式相場全体の上昇基調入りを見計らいながら、下げ相場では現金運用を行い、上昇期にはインデックス運用を行うタイプが多くあります。トップダウン型の一種であり、金融政策や財政、主要な経済指標などを分析しマクロ経済のサイクルを見計らうアプローチが取られます。

レラティブ・バリュー

レラティブ・バリューLTCMの運用手法は裁定取引型と表現されるケースもありますが、むしろレラティブバリュー型の方が実態に近かったと考えられます。裁定取引(アービトラージ)と混同して議論されることが多いですが、レラティブバリューは、広義では相対的な割安・割高を収益機会と捉える手法です。裁定取引は厳密には市場における完全なミスプライス(全く同じ経済効果をもたらす複数の資産やポートフォリオの間で異なる価格が存在している状態)を収益機会と捉えるのに対し、レラティブ・バリューではあくまで相対的な割安・割高をもって収益機会と捉える点で異なります。なお、実運用においては完全なミスプライス状態はそうそう頻出するものではないので、ほぼ完全なミスプライス状態をもって裁定機会と捉えるアービトラージャーが多いです。

マーケット・ニュートラル

マーケットニュートラルでは、市場全体の値動きに左右されず、銘柄選定効果(アルファ)だけを積み上げていくリターン特性をもつので、ヘッジファンドの中で最もリスクが低く安定した運用手法の一つです。また、伝統的な資産クラスとの相関が低いので、既存の伝統的ポートフォリオに追加した際に得られる分散効果が最も高いともいわれています。一般的な株式投資信託では、株式市場全体の動き(TOPIXなど)をベンチマークとし、そのベンチマークに対するポートフォリオの感応度をベータ、ベンチマークの動きにかかわらず生じる収益をアルファと表現します。ベータのリスクを排除した運用手法ともいえます。マーケット・ニュートラル(市場中立型)というその名のとおり、市場に対して中立なポジションを取る運用手法です。

プライベート・エクイティ

プライベート・エクイティは、未上場企業に投資するベンチャー・キャピタルや、企業の買収、再生、売却を通じて収益を上げるバイアウト・ファンドなどの総称です。一投資家に過ぎない一般的な株式投資と異なり、大株主として企業の経営に対しより直接的な関与をし、企業価値を向上させながら最終的にIPOやM&Aによる売却など(Exit、エグジット)を目指します。その特性から、中長期的な投資が多く、流動性も低い投資手法です。

グローバル・マクロ

グローバル・マクロは、実質的には特定の運用手法を指すものではなく、多種多様な市場において多種多様な資産を多種多様な手法で運用するファンドの総称です。その多くが、世界のマクロ経済動向見通しをベースにしたトップダウンアプローチに基づき、世界各市場で多種多様なポジションを張っています。有名なものではジョージ・ソロスのクオンタムファンドがこの分類に入ります。一時期はヘッジファンド=グローバルマクロというようなイメージで語られることもありましたが、機関投資家側のヘッジファンドに対するニーズが具体化・特定化している現在においては、主要な地位を占める戦略ではなくなっています。

マネージド・フューチャーズ

マネージド・フューチャーズは、カテゴリーとしてはヘッジファンドではなくコモディティ投資とする見解が多く、広義では代替投資の一つです。元来は商品に限らず各種金融資産、通貨等も含めた先物全体を活用した運用手法で、運用者はコモディティ・トレーディング・アドバイザー(CTA)と呼ばれ、米国ではCFTCの管轄下です。投資対象の定義を除けば、ロング・ショート・タイミングなどの具体的な戦略を特定するものではありません。マネージド・フューチャーズは、取引所に上場している先物に投資する運用手法です。